健康食品を普段から活用している人は多くなっており、CMや広告もよく目にします。芸能人によるコマーシャル等もお馴染みになり、総じてこれらを機能性食品と称しているようです。生命活動を滞りなく行うには栄養のバランスのとれた食事が不可欠であり、誰もが食事に依存して生きています。しかし、現代の人は食事が不規則で、栄養バランスも崩れがちであり、特にビタミンとミネラルが足りていないと指摘されています。若い頃は好んで食べていた肉を、年をとるにつれて徐々に食べなくなっていく人は少なくありません。たんぱく質から補給できるアミノ酸は、人体をつくる材料となる重要な成分ですが、肉の摂取量が減ると必要量を確保できなくなることがあります。関節の働きを維持するためのコンドロイチンやグルコサミンは、年をとると減少する傾向があります。このグルコサミンやコンドロイチンはアミノ酸の一種であり、食事では不足しがちなたんぱく質であるため、高齢になると関節のトラブルが多くなる原因にもなっています。年をとると身体のコンディションは少しずつ変わっていきますが、そのうちの一つにグルコサミンか減ることがあります。年を経ると肉体は減退の傾向にあり、膝関節の痛みや腰痛を発症しやすい状態になり、動作や行動範囲を狭めてしまう原因を作ってしまいます。サプリメントでコンドロイチンや、グルコサミンを体内に取り入れることができれば、年配者にありがちな関節の痛みを緩和する効果が期待できます。年をとっても関節の痛みがひどくならないように、軟骨を増やす効果がある機能性食品を使ってみてはどうでしょうか。
特にお薦めなのはロコモプロです。これは関節痛に効くサプリメントなんですよ。